rice making


News!!

2022年の新米、始まります。

昨年は異常気象に負けて不作の年だった。

自分たちには不満足なお米でおにぎりを握った。

お客様からは「美味しい」のお声も頂いたが、どこかの口コミで「家のと変わらない」「特別に美味しい訳でもない」の書き込みを見て悲しい思いをした1年。。。1つ言い訳をするなら、こだわればこだわるほど異常気象に弱いってこと。有機肥料100%で稲を作るって困難な業(泣)。

 

今年はできる限りの対策を考えようやく稲刈りの時期を迎えた。

今年も異常気象はあったが出来は上々に見える...名誉挽回なるか?!

千華のお米は粒が大きいんです。そしていつまでも口に残る甘み。

20有余年の土づくりと極上有機肥料の実力に期待あれ!

 

稲刈りの様子はyoutubeにアップしました!見てね💛


☆収穫のタイミングのこと

お米の稲穂が黄金色になるころに一斉に稲刈りが始まります。農協さんへの出荷は完熟状態でなければなりません。

私たちの稲刈りはその一歩手前。写真にあるように玄米に青いものが混ざるのです。これって一般農家さんにとってはタブーですね。

お米も野菜も完熟一歩手前が美味しいのです。
青い玄米がとても甘く、炊き上げたお米を数段美味くしてくれるのです。

どこかに書いたものがありました。
「これは熟練の農家さんの刈り取り日の決断で生まれるお米です。」

スタッフの評価だけでなく客席でも「甘い!」が聞こえています。

あ、甘い秘密は肥料や栽培法にもあるんですけどね(^^;